「生活」の検索結果 49件

1/5ページ

「新生活実践運動」とは?近所付き合いをスムーズにする伊江島の取り組み

こんにちは。 今回は、伊江島の「新生活実践運動」についてご紹介します。 近所付き合いをスムーズにする「新生活実践運動」 生活していく上で大切で難しいものが隣近所のお付き合いですよね。 特に冠婚葬祭などの行事がある時は、お供え物や、お茶菓子、お返しはどうしよう…と頭がいっぱいになってしまいます。 伊江村では、そんな悩みを解決し、隣近所のお付き合いをスムーズにするために、「新生活実践運動」を実施してい […]

伊江村生活研究会の一押し!「万能たれ」をご紹介します

こんにちは。 今回は、伊江島の「万能たれ」を紹介したいと思います! 「万能たれ」の原材料は、 醤油 砂糖 みりん ケチャップ りんご 玉ねぎ 酢 レモン しょうが ごま 鷹の爪 アルコール 伊江島産のニンニク ニンニクは皮を一玉一玉、ていねいにむく工程に時間がかかります。 こんなにたくさんの材料が入っているので栄養も満点です! 伊江村生活研究会の「万能たれ」の一押しは、何といってもこの伊江島産のニ […]

樹上生活の舞台!伊江島の「二ーバンガジュマル」って知ってる?

こんにちは。 今日は島の西江前区にある「二ーバンガジュマル」を紹介します。 1.「二ーバンガジュマル」とは? 伊江島では第2次世界大戦では激しい地上戦が繰り広げられ、艦砲射撃等でたくさんの兵隊や民間人が犠牲になりました。 そのような中で終戦後、日本の敗戦も知らずに昭和20年から22年までの2年間、米兵に気づかれないようにガジュマルの木の上に身を潜め、生活をしていた二人の兵隊がいました。 うるま市出 […]

伊江村生活研究会のロングセラー商品「万能たれ」に新ラベル誕生!

こんにちは。 今日は、伊江島で60年以上の歴史を持つ「伊江村生活研究会」という団体をご紹介します。 どんな目的で始まったのか、これまでの活動やこれからの活動などを覗いてみましょう! 1.「伊江村生活研究会」とは? 伊江村生活研究会は、農漁村の婦人たちが知恵を出し合い、地域の生活改善を担うことを目的に昭和33年に始まりました。 これまで地域の資源を活用した特産品の開発や、食育教育などを行うほか、島で […]

伊江島の生活を支えてきた「マーガ」の物語り

こんにちは、伊江島のみっちゃんです! 実は伊江島は昔から川がないため、水不足で島民は困っていました。 伊江島の中央より南にある川平区に「ハンジャニーバナ」という森があり、そこには今も「マーガ」という井戸があります。 ここは戦前から戦後まで伊江島の大切な水源地でした。 なぜこの湿地が「マーガ」と呼ばれたのか? いつだれがその水源を探し当てたのか? 今回は、伊江島人にとって、とても大切な「マーガ」につ […]

  • 2020.06.21

移住前と移住後の生活の変化について:渡嘉敷島編

こんにちは。渡嘉敷島在住のSC325です。今回は「移住前と移住後の生活の変化」について書いてみたいと思います。 ダイビングインストラクター私の場合 島に移住してきたのは9年前。当時の仕事はダイビングインストラクターでした。業界の言い方だと「都市型ショップ」近くに海がある訳でもないので、日頃は学科講習やプールを借りて実技講習、週末になると海洋実習で近場の海へというスタイルです。 基本的に仕事帰りの方 […]

伊江島の暮らしを支えてきた絶景スポット「ナーラの浜」

こんにちは。 今回は、以前「5つの海浜スポット」の記事で触れていた「ナーラの浜」についてご紹介します。 「ナーラ」とは、この辺りの地名ですが、海岸に降りる道幅が狭くわかりにくい場所なのですが、島の人にとってはとても重宝されている浜辺なのです。 他の浜では見られない景色 「ナーラ浜」の特徴は、干潮時と満潮時の海辺の景色がかわることです。 満潮時には白い砂浜が広がっています。 干潮時になり潮がひくと、 […]

「15の旅立ち」となる伊江中学校の卒業式を取材しました!

こんにちは。 今回は伊江島にある伊江中学校の卒業式の様子をご紹介します。 伊江島にとっての中学校の卒業式とは? 伊江島には高校がないため、卒業と同時に親元を離れて暮らす子どもたちがほとんどです。 その為、PTAが主体になり小学校から中学校の間に、子供たちの自立を促す「島建ちの教育」と呼ばれる取り組みが行われています。 たとえば、小学校5年生から中学生まで買い出しから、弁当作り片付けまで、すべて子ど […]

郷土の文化を語る「かやぶき屋根の家」

こんにちは。 伊江島の西江上区の旧赤嶺池、(島の人は、アハン二ブチャと呼んでいる)現在はゲートボール場になっていますが、その一角に茅葺の屋根の家があります。 そこで今回は、その「かやぶき屋根」の家を紹介します。 なぜ、伊江島に「かやぶき屋根」が? この茅葺家は、2006年に広島経済大学教授で伊江島の方言を調査研究のため島を訪れていた生塩睦子先生の要望で、先生の研究費と村の予算で復元されました。 生 […]

15の島建ちに向けた「マネープラン講座」

こんにちは。 今回は伊江中学校で行われた「マネープラン講座」をご紹介します。 伊江島には高校がないので、進学のために15歳で島を離れる生徒がほとんどです。 そこで、この春伊江島を旅立つ中学校3年生に向けて、経済的な自立に向けた意識を育て、お金の大切さや両親への感謝の気持ちを育むためにこの講座が行われています。 伊江中学校の卒業生の金城さんが講師となり「新生活を前に知ってほしいお金の大切さ」と題して […]

1 5